店長研修  実力店長を育成する研修

連絡・報告業務 株式会社アクティブ・コンサルティング

店長研修ホーム >

店長の役割・仕事 >

連絡・報告業務

店長の役割・仕事C 連絡・報告業務

店長の業績アップにすぐ役立つ
重要な情報を提供します!

チェーンストア研修

・店長研修カリキュラム

・スーパーバイザー研修カリキュラム

・バイヤー研修カリキュラム

・チェーンストア役員研修カリキュラム

・接客研修カリキュラム

チェーンストアコンサルティング

・テーマ別コンサルティング

・顧問コンサルティング

チェーンストアプロジェクト

・業務改革プロジェクト

・店舗活性化プロジェクト

・店長マニュアルプロジェクト

・SVマニュアルプロジェクト

会社情報

・会社概要

・代表者紹介

・代表者挨拶

・アクセスマップ

・研修料金とご依頼の手順


1.日報を作成する

日報には、その日の売上高、客数、現金残高など、必ず書かなければ ならない基本事項の記入をすることは当然です。しかし、それだけで終 わってしまっては、本来の役割を果たすことはできません。日報には、 店舗で起こった出来事、それに対する意見と改善策などを記入すること が大切です。なぜならば、日報はスーパーバイザーを通じて、本部と課 題を共有化するためのツールでもあるからです。

2.週間報告書を作成する

日報は、毎日の出来事を記入して、課題を共有化するものですが、週 間報告書は、週に1度作成するものであり、月間目標の達成度合いを 中間でチェックするという要素が大きいのです。スーパーバイザーや本 部は、週間報告書により、店舗ごとの営業数値の進捗度合いを分析し て、対策を考えます。したがって、進捗度合いが目標からかけ離れた場 合には、その理由を明確に報告する義務があります。

3.月間報告書を作成する

月間報告書は、1ヵ月間の店舗実績を、スーパーバイザーを通じて本 部に報告するものであり、店長の通信簿ともいえるものです。月間実績 の積み重ねが年間の損益計算書につながるのですから、月次決算の 数値をしっかり分析して、問題点を把握し、翌月には改善策を遂行でき るように、マネジメントすることが大切です。

4.クレーム・事故報告をする

お客様からのクレームや店内で起こった事故等は、うやむやにすること なく、できるだけ正確にスーパーバイザーを通じて、本部に報告するこ とが大切です。なぜならば、それを教訓にして、全店に対して対策が打 てるからです。チェーン店では、1店で生じた問題点を全店の問題点と して、素早く対策が打てるかどうか、そのスピードの速さは、繁栄企業に なれるかどうかの重要な要素なのです。

5.連絡ノートを作成する

店長の連絡・報告は、スーパーバイザーや本部に対してのものだけで はなく、店内のコミュニケーションも重視する必要があります。そのため に作成するのが、連絡ノートです。業務の引継ぎ事項はもちろん、気づ いたことを、どんな細かいことでも記載しておきます。これによって、シフ トの関係などで顔を合わせられなかったスタッフとも情報交換が可能に なります。

☆店長研修に関するお問合わせは下記にお願い致します。

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
        お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
        メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい

業態別店長研修のご案内

岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

チェーンストアの仕事

業態別研修

←日常業務の遂行へ

売上アップの実務へ→



当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
Copyright © 2014 Active Consulting