店長研修  実力店長を育成する研修

スーパーバイザーコーチング 株式会社アクティブ・コンサルティング

店長研修ホーム >

スーパーバイザーの役割・仕事 >

スーパーバイザーコーチング

スーパーバイザーの役割・仕事C スーパーバイザーコーチング

店長の業績アップにすぐ役立つ
重要な情報を提供します!

チェーンストア研修

・店長研修カリキュラム

・スーパーバイザー研修カリキュラム

・バイヤー研修カリキュラム

・チェーンストア役員研修カリキュラム

・接客研修カリキュラム

チェーンストアコンサルティング

・テーマ別コンサルティング

・顧問コンサルティング

チェーンストアプロジェクト

・業務改革プロジェクト

・店舗活性化プロジェクト

・店長マニュアルプロジェクト

・SVマニュアルプロジェクト

会社情報

・会社概要

・代表者紹介

・代表者挨拶

・アクセスマップ

・研修料金とご依頼の手順


1.コーチングを正確に理解する

コーチの語源は馬車であり、コーチングとは、大切な人をその人が 望むところまで送り届けるという意味です。この言葉の中に、コーチ ングのすべての意味が込められているといっても過言ではありませ ん。スーパーバイザーは、店長が何を望んでいるのかをしっかり聞き 出して、店を改善するために、一緒に目標設定をして、その目標実現 の手伝いをしてあげるのです。

2.コーチングとカウンセリングの違い

コーチングでは、相手の話に耳を傾けることが基本なのですが、同じ ような概念にカウンセリングがあります。この2つの違いは何でしょう か。手法としては、両方ともほぼ同じなのですが、カウンセリングは、 どちらかというと、悩みなどの問題解決の手法として使われるのに対し て、コーチングは、前向きな目標達成の手法として使われるという違い があります。

3.コーチングでは質問を重視する

コーチングでは、質問を重視します。いくら相手の話に耳を傾けると いっても、黙っていては進行しないので、状況に応じた適切な質問で 相手の話しを引き出す技術が必要だからです。質問には自由に意見 を言わせるオープン型の質問と、答えを絞り込ませていくクローズ型 の質問があります。スーパーバイザーは実際に、どのような質問をす ればよいのか、十分に研究することが大切です。

4.コーチングの承認の技術を学ぶ

コーチングで質問と並んで重要なのは承認の技術です。承認<とは、 その言葉通り、相手の良いところを認めて、ほめてあげるということ です。相手を承認するためには、まず観察眼を高めなければなりま せん。スーパーバイザーは、店長やスタッフのちょっとした変化や改 善点を見つけて、相手をほめることが大切です。

5.店長にもコーチングを指導する

スーパーバイザーは自らが、店長に対してコーチングをすることは もちろんですが、同時にそのことを通じて、店長に対しても、店舗の スタッフに対してコーチングができるように指導することが必要です。 その意味でも、スーパーバイザーは、外部講師によるコーチングの 研修を受けるなどして、コーチングの理論体系を完全にマスターして おく必要があります。

☆スーパーバイザー研修に関するお問合わせは、下記に
    お願い致します。

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
        お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
        メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい

業態別店長研修のご案内

岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

チェーンストアの仕事

業態別研修

←スーパーバイザー店舗評価へ

→スーパーバイザー数値管理へ



当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
Copyright © 2014 Active Consulting