店長研修  実力店長を育成する研修

店長の売場変更 株式会社アクティブ・コンサルティング

店長研修ホーム >

店長研修の内容 >

店長の売場変更

店長の売場変更

店長の業績アップにすぐ役立つ
重要な情報を提供します!

チェーンストア研修

・店長研修カリキュラム

・スーパーバイザー研修カリキュラム

・バイヤー研修カリキュラム

・チェーンストア役員研修カリキュラム

・接客研修カリキュラム

チェーンストアコンサルティング

・テーマ別コンサルティング

・顧問コンサルティング

チェーンストアプロジェクト

・業務改革プロジェクト

・店舗活性化プロジェクト

・店長マニュアルプロジェクト

・SVマニュアルプロジェクト

会社情報

・会社概要

・代表者紹介

・代表者挨拶

・アクセスマップ

・研修料金とご依頼の手順


1.店長は年に2回の棚割変更をする

チェーンストアにもよりますが、通常は年に2回、売場と棚割の大幅な 変更について、本部から指示されます。企業によっては、年に4回実施 しているチェーンもあります。これは単に目先を変えるために変更するの ではありません。時代の変化に合わせて、お客様の求める商品を1品で も多く導入し、目立つ位置に配置するためです。

2.店長は棚割の維持管理をするのが仕事

店長は棚割りの維持管理をするのが仕事です。チェーンストアでは本部 から棚割変更の細かい修正指示があり、店長はそれに基づいて棚割に 適宜修正を加えていきます。本部からの指示が完璧であれば、それに 従っていれば、完璧な売場ができるはずですが、現状はなかなかそうは なっていません。そこにギャップが生じることが多いのです。

3.店長は数値を見て売場変更を行う

チェーンによって、本部と店長の売場変更の権限が異なりますが、実際 には、店長が売場変更の判断をすることが多いと思います。その場合 の判断基準となるのは、数値です。システム化されているチェーンで は、各部門、カテゴリーの売上伸び率などはリアルタイムで見ることが できます。数値変化の理由を見て、売場の手直しを行います。

4.定番アイテムとスポットアイテム

コンビニなど小型店の店長は、勢いがないカテゴリーと判断したならば 定番アイテムのみを残して、スポットアイテムは大胆にカットします。そ して、勢いのあるカテゴリーには、スポットアイテムを数多く導入します。 これを頻繁に行わないと、売上を伸ばすことはできません。売場面積に よって、アイテムの絞り方の度合いが変わります。

5.店長は毎日数値をチェックする

店長は数値の変化については、毎日チェックする必要があります。なぜ ならば、気温や行事は日々、刻々と変化しているからです。数値の変化 は、大きなトレンドなのか、突発的な出来事なのか、なぜ起こっている のかを見極める必要があるからです。このような感覚を養うためには、 数値の変化を毎日見なければならないのです。

店長研修の内容については、 店長の仕事 もご覧ください。

☆アクティブ・コンサルティングは、店長研修講師を派遣します。
☆店長研修に関するお問合わせは、下記にお願い致します。

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
        お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
        メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい

業態別店長研修のご案内

岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

チェーンストアの仕事

業態別研修

←店長の売場づくりへ

店長の陳列方法へ→



当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
Copyright © 2014 Active Consulting