店長研修  実力店長を育成する研修

店長の演出方法 株式会社アクティブ・コンサルティング

店長研修ホーム >

店長研修の内容 >

店長の演出方法

店長の演出方法

店長の業績アップにすぐ役立つ
重要な情報を提供します!

チェーンストア研修

・店長研修カリキュラム

・スーパーバイザー研修カリキュラム

・バイヤー研修カリキュラム

・チェーンストア役員研修カリキュラム

・接客研修カリキュラム

チェーンストアコンサルティング

・テーマ別コンサルティング

・顧問コンサルティング

チェーンストアプロジェクト

・業務改革プロジェクト

・店舗活性化プロジェクト

・店長マニュアルプロジェクト

・SVマニュアルプロジェクト

会社情報

・会社概要

・代表者紹介

・代表者挨拶

・アクセスマップ

・研修料金とご依頼の手順


1.店長は価格表示をチェックする

あまりにも当たり前のことですが、価格表示がない商品は売れません。 まれには、スタッフに「いくらですか」と聞いてくるお客様もいらっしゃいま すが、大半のお客様はそこまでして購入してくれません。1人のお客様 に聞かれたら、数十人のお客様を逃していると考えるべきです。店長は 全品に価格表示があるか、チェックすることが基本です。

2.店長はPOPのルールを作る

店長はPOPのルールを作成することが必要です。なぜならば、POPは 全店で統一感がないと、雑然とした店舗になるからです。通常は、本部 で決められていますが、POPの種類を必要最小限にする、1つのPOP で使える色は3色以内にする、コピーの文字はできる限り短くするなどの ルールを明確にしておきます。

3.店長はPOPの取り付けを指示する

店長はスタッフにPOPの取り付けをまかせっぱなしにすると、POPが 過剰になることが多いです。なぜならば、POPを付けると売上が上がる ので、あれもこれもと数多くの商品に取り付けてしまうからです。過剰に なると、効果が落ちます。したがって、店長はPOPを取り付けるべき商 品を的確に指示して、過剰にならないように注意します。

4.店長はPOPの鮮度を保つ

大型店になると、POPの数も相当多くなるので、1度取り付けたPOPが 長期間にわたって、そのままになっている光景をよく見かけます。店長 は、商品と同じくPOPにも鮮度があることを知っておく必要があります。 たとえ汚れていなくても、見飽きると効果が薄れます。POPは2週間を 限度に交換することが大切です。

5.店長は手書きPOPを活用する

チェーンによって、POPは本部制作のものだけしか使用できないとか、 手書きPOPが禁止されている場合があります。このようなチェーンでは ルールにしたがって下さい。しかし、実際には手書きPOPはインパクト があり、効果が高いので、もし店舗で作成してよいのであれば、大いに 活用しましょう。スタッフとアイデアを出し合って作成します。

店長研修の内容については、 店長の仕事 もご覧ください。

☆アクティブ・コンサルティングは、店長研修講師を派遣します。
☆店長研修に関するお問合わせは、下記にお願い致します。

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
        お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
        メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい

業態別店長研修のご案内

岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

チェーンストアの仕事

業態別研修

←店長の陳列方法へ

店長の販促策へ→



当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
Copyright © 2014 Active Consulting