店長研修  実力店長を育成する研修

店長の販促策 株式会社アクティブ・コンサルティング

店長研修ホーム >

店長研修の内容 >

店長の販促策

店長の販促策

店長の業績アップにすぐ役立つ
重要な情報を提供します!

チェーンストア研修

・店長研修カリキュラム

・スーパーバイザー研修カリキュラム

・バイヤー研修カリキュラム

・チェーンストア役員研修カリキュラム

・接客研修カリキュラム

チェーンストアコンサルティング

・テーマ別コンサルティング

・顧問コンサルティング

チェーンストアプロジェクト

・業務改革プロジェクト

・店舗活性化プロジェクト

・店長マニュアルプロジェクト

・SVマニュアルプロジェクト

会社情報

・会社概要

・代表者紹介

・代表者挨拶

・アクセスマップ

・研修料金とご依頼の手順


1.店長は52週販促を実行する

チェーン本部では、バイヤーから店長に対して52週販促計画が示され ているのが通常ですから、店長はそれにしたがって、売場展開を実行し ます。52週販促では、指示された週に開始して、同じく指示された週に 終了することが重要です。なぜならば、タイムリーな販促展開が売上を 伸ばすからです。

2.店長はエンドごとの指示をする

売場で最も売れる位置は、入口近くのエンドや平台などの販促スペース です。したがって、52週販促の何をどこで展開するかは重要な課題で す。全店が完全に標準化されていれば、本部指示だけでよいのですが、 店の規模や形がバラバラだと、店長権限で決める必要があります。店長 は、スタッフにエンドごとのきめ細かい展開指示を出すことが必要です。

3.店長は限定販売を活用する

店長が売場で売りを伸ばすための販促策の1つに、限定販売がありま す。限定販売とは、限りを付けることです。例えば、時間に限りを付け るタイムサービス、個数に限りを付ける限定個数、買上げ金額に限りを 付ける「○○円以上お買上げの方だけ」、購入客数に限りをつける整理 券配布など、いろいろな限定販売があるので、上手に活用します。

4.店長は比較販売で粗利を取る

店長は少しでも利益が取れる商品を多く売ることで、店舗全体の利益を 高めることが大切です。このために利用する販促策が比較販売です。 比較販売とは、ナショナルブランドとプライベートブランドを隣接させて、 性能や効用を比較説明して、PBのほうがお買い得であるというPOPを 付けて説得する販売方法です。

5.店長は組み合わせ販売を活用する

店長は少しでも売上点数を増やして、売上を高めることが大切です。そ のための有効な販促策が組み合わせ販売です。組合せ販売とは、例え ば1個500円の商品を一度に2個買うと、980円になりますというもの です。あるいは、商品と景品がセットになっているなどです。店長は、こ のように、売り方に変化を付けることで売りを伸ばすのです。

店長研修の内容については、 店長の仕事 もご覧ください。

☆アクティブ・コンサルティングは、店長研修講師を派遣します。
☆店長研修に関するお問合わせは、下記にお願い致します。

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
        お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
        メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい

業態別店長研修のご案内

岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

チェーンストアの仕事

業態別研修

←店長の演出方法へ

店長のロス対策へ→



当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
Copyright © 2014 Active Consulting