店長研修  実力店長を育成する研修

売れる陳列 | 売上アップ5 株式会社アクティブ・コンサルティング

店長研修ホーム >

売上アップ >

売上アップ5

売上アップ5 売れる陳列

店長の業績アップにすぐ役立つ
重要な情報を提供します!

チェーンストア研修

・店長研修カリキュラム

・スーパーバイザー研修カリキュラム

・バイヤー研修カリキュラム

・チェーンストア役員研修カリキュラム

・接客研修カリキュラム

チェーンストアコンサルティング

・テーマ別コンサルティング

・顧問コンサルティング

チェーンストアプロジェクト

・業務改革プロジェクト

・店舗活性化プロジェクト

・店長マニュアルプロジェクト

・SVマニュアルプロジェクト

会社情報

・会社概要

・代表者紹介

・代表者挨拶

・アクセスマップ

・研修料金とご依頼の手順


1.ディスプレイ陳列

シーンメイクすなわち生活のワンシーンを切り取って、それを再現するよ うに、商品を並べることをディスプレイ陳列と呼んでいます。お客様に、 商品の価値やコーディネートを理解してもらうために役立ちます。しか し、ディスプレイ陳列だけだと、ギャラリーのようになってしまい、欲しくて も買えないという売場になります。

2.前進立体陳列

壁面什器や中の島のゴンドラ什器に、商品を一列にきれいに並べる陳 列を、雑貨店などでは前進立体陳列、アパレルショップでは並列陳列な どと呼んでいます。定番商品に使われる陳列です。商品の量感を見せ ることができます。1品目をある程度の数、陳列できるので、お客様から 見ると、安心して手に取って買うことができます。

3.投げ込み陳列

カゴやバケツなどを什器として使用して、その中いっぱいに商品を投げ 込んで展示する陳列のことです。英語でジャンブル陳列などとも呼んで います。比較的、小さな商品で、主に特価品などの量感を出して衝動買 いを誘う狙いで使用します。カゴいっぱいにと言いましたが、あくまでも いっぱいに見えればよいので、上げ底も利用します。

4.山積み陳列

ワゴンなどに同じ商品を積上げて、その高さにより量感をかんじてもらう 陳列のことです。期間限定品など、短期間に集中販売したい商品がある ときに活用します。ただし、山積みするとお買い得感が強まるため、安さ のみが強調されるので、多用すると、店格や店のイメージを損なう恐れ があります。専門店では、必要最小限の活用にとどめましょう。

5.柱回り陳列

柱回り陳列とは、その名の通りに柱回りの陳列のことです。柱は売場の 邪魔になると考えがちですが、柱の回りに、棚をつけたり、フックを付け たりすれば、什器として使用できます。柱は天井まで高さがありますの で、上部にPOPを付ければよく目立つため、意外に売れる場所になる 可能性があります。上手に活用して下さい。

☆アクティブ・コンサルティングは、店長研修講師を派遣します。
☆店長研修に関するお問合わせは、下記にお願い致します。

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
        お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
        メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい

業態別店長研修のご案内

岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

チェーンストアの仕事

業態別研修

←商品区分を決める | 売上アップ4

売れるPOPづくりへ | 売上アップ6へ→



当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
Copyright © 2014 Active Consulting