店長研修  実力店長を育成する研修

売れるPOPづくり | 売上アップ6 株式会社アクティブ・コンサルティング

店長研修ホーム >

売上アップ >

売上アップ6

売上アップ6 売れるPOPづくり

店長の業績アップにすぐ役立つ
重要な情報を提供します!

チェーンストア研修

・店長研修カリキュラム

・スーパーバイザー研修カリキュラム

・バイヤー研修カリキュラム

・チェーンストア役員研修カリキュラム

・接客研修カリキュラム

チェーンストアコンサルティング

・テーマ別コンサルティング

・顧問コンサルティング

チェーンストアプロジェクト

・業務改革プロジェクト

・店舗活性化プロジェクト

・店長マニュアルプロジェクト

・SVマニュアルプロジェクト

会社情報

・会社概要

・代表者紹介

・代表者挨拶

・アクセスマップ

・研修料金とご依頼の手順


1.推奨商品に絞ってPOPを付ける

POPの役割は、大きく分けると、売場への「誘導POP」、価格を目立た せる「価格POP」、商品の良さを伝える「価値POP」などに分けられま す。POPはすべての商品に付けるのではなく、店が推奨する商品に 絞って付けることが大切です。そうすることにより、売場にメリハリが出 て、推奨商品が売れるようになります。

2.商品の説明・価値を書く

この商品はどんな商品なのか、商品の材料・産地などを含めて、商品の 特徴がわかるように、商品の説明を書きます。そして、商品がどんな点 にこだわって作られているのかなど、商品の価値を書きます。POPは、 商品の主要ターゲットとして想定した顧客を念頭に置きながら、顧客に 訴求するつもりで書くことが大切です。

3.商品を使用したときのメリットを書く

顧客が、この商品を使用すると、どのようなメリットが得られるのか、ど んな体験が待っているのか、どんな感動が体感できるのかなどを想像 できるように書きます。商品使用時のメリットが具体的で生き生きと書 かれていると、顧客に対する訴求力が強まります。できる限り、短い言葉 に凝縮することが大切です。

4.話し言葉を使って書く

POPの表現方法としては、顧客が目の前にいると想定して、その顧客 に話しかけるように書くとよいでしょう。「まだ使っていないのですか?」 「一度、試してみてください」、「私も使ってみました」などの表現をする と、顧客と同じ目線に感じてもらえます。かしこまった表現で書くと印象 に残らず、通り過ぎてしまいます。

5.重要な点は、色や太文字で強調する

POPでは、最も伝えたい内容が、ひと言で強調されていなければなりま せん。ここで強調したいとは、パッと見たときに、目に飛び込んでくると いう意味です。そのための手法としては、赤色など目立つ色を使う、太 文字を使って強調するなどです。注目させたい言葉とそれ以外の言葉 とのメリハリをつけることが大切です。

☆アクティブ・コンサルティングは、店長研修講師を派遣します。
☆店長研修に関するお問合わせは、下記にお願い致します。

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
        お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
        メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい

業態別店長研修のご案内

岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

チェーンストアの仕事

業態別研修

←売る陳列へ | 売上アップ5

ディスプレイの基本へ | 売上アップ7へ→



当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
Copyright © 2014 Active Consulting