店長研修  実力店長を育成する研修

五感に訴える | 売上アップ13 株式会社アクティブ・コンサルティング

店長研修ホーム >

売上アップ >

売上アップ13

売上アップ13 五感に訴える

店長の業績アップにすぐ役立つ
重要な情報を提供します!

チェーンストア研修

・店長研修カリキュラム

・スーパーバイザー研修カリキュラム

・バイヤー研修カリキュラム

・チェーンストア役員研修カリキュラム

・接客研修カリキュラム

チェーンストアコンサルティング

・テーマ別コンサルティング

・顧問コンサルティング

チェーンストアプロジェクト

・業務改革プロジェクト

・店舗活性化プロジェクト

・店長マニュアルプロジェクト

・SVマニュアルプロジェクト

会社情報

・会社概要

・代表者紹介

・代表者挨拶

・アクセスマップ

・研修料金とご依頼の手順


1.五感に訴えるとは何か

五感とは、人間の持っている感覚のことです。具体的に言うと、「見る」、 「聞く」、「触る」、「嗅ぐ」、「味わう」の5つの感覚のことです。五感のうち の1つよりも、五感すべてを使って感じたほうが、その商品のことがよく わかり、興味を持つのです。それならば、できるだけ五感に訴求する売 り方をすればよいのです。

2.「見る」感覚に訴える方法

人間の五感の中でも、最も重視されているのが、「見る」です。目から入 る情報は、五感の中でも最も大きいのです。したがって、アパレルショッ プなどの専門店チェーンでは、この視覚に訴えるディスプレイを中心に して、お客様に提案しています。ここで重要なのは、カラーコントロール です。色で目立たせたり、暖色・寒色でイメージを創りだしたりします。

3.「聞く」感覚に訴える方法

「聞く」感覚に訴えることは、意外に重視されていないようです。この活 用方法としては、例えばBGMで、店のイメージを創りだす、タイムサー ビスの呼び込みなどがあります。また、飲食店では、音の演出は思って いる以上に効果的です。例えば、ステーキを鉄板の上でジュウジュウ音 を出した状態で客席まで運ぶなどです。

4.「触る」感覚に訴える方法

「触る」感覚に訴える方法としては、アパレルショップで生地の感触を確 かめてもらうなどのやり方がよく使われます。サンプルを展示しておいた り、POPで触るように促すことによって、顧客に触覚を試してもらうので す。アパレルショップ以外でも、例えば家具の材質を触って確かめても らうとか、スポーツ用品などのグリップを触ってもらうのも効果的です。

5.「嗅ぐ」、「味わう」感覚に訴える方法

「嗅ぐ」、「味わう」感覚に訴える方法は、飲食店に必須のやり方です。 例えば、うなぎ屋さんの前を通ったとき、あまりにも香ばしい香りにつら れて、つい入店してしまったなどの経験があるはずです。スーパーマー ケットの試食や試飲なども、売上に大きく貢献します。飲食店でも、食材 の販売店でも、「嗅ぐ」、「味わう」の活用は重要な販売手法です。

☆アクティブ・コンサルティングは、店長研修講師を派遣します。
☆店長研修に関するお問合わせは、下記にお願い致します。

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
        お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
        メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい

業態別店長研修のご案内

岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

チェーンストアの仕事

業態別研修

←売れない理由を分析へ | 売上アップ12

色と心理の関係へ | 売上アップ14へ→



当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
Copyright © 2014 Active Consulting