スーパーバイザーの役割・スーパーバイザーの仕事3

スーパーバイザー店舗評価

1.店舗周辺と外観を評価する

スーパーバイザーが店長と異なる点は、店長よりも店舗との距離を おいて店舗を見ることができる点です。すなわち客観的に店舗を評 価できる点です。スーパーバイザーは、できるだけお客様の視点に 近い目で店舗を見て、店舗の問題点を抽出します。店に行ったら、 最初に店舗周辺と外観を見て、そこから受ける印象を起点にします。

2.クレンリネスを評価する

店舗運営の基本は、Q(quality)=品質、S(service)=サービス、 C(cleanliness)=清潔感といわれています。その3つの中で、店舗 評価で、まずみるべき点は、クレンリネスです。日本語では、清潔 感と訳されていますが、本来の意味はただ単に汚れを落とだけでは なくて、ピカピカに輝くほどきれいに磨き上げるという意味です。スー パーバイザーはお客様の視点で、店舗のすみずみまでチェックする ことが大切です。

3.棚割・欠品を評価する

スーパーバイザーが店舗評価の中で、最も真剣に見るべき点は商品 です。なぜなら、お客様は店舗に商品を購入するために来店されるか らです。実際に見るるべき点は、本部から指示された棚割が崩れてい ないか、売れ筋商品や広告品など重点品目の欠品がないかどうかで す。さらに、安全性の面から、消費期限に関しても、厳重にチェック します。飲食店チェーンでは、味や品質のチェックをします。

4.情報発信を評価する

商品そのものの評価と並んで重要なのは、情報発信の評価です。 なぜならば、情報が付加されていなければ、商品の品質や価値が、 来店客に伝わらないからです。具体的には、まずプライスカードの チェックをします。価格は情報の中でも最も重要なものだからです。 次にショーカードなどのコピーが適切かどうか、古いものや汚れた ものはないかチェックします。

5.接客・作業を評価する

店舗評価では、モノだけでなく、そこに働く人も同時に評価します。 いくら舞台装置がしっかりしていても、役者が悪かったならば、何も ならないからです。まず見るべき点は、挨拶です。来店客に対して、 明るい挨拶ができているか。そして、接客態度や接客内容もチェック します。良いか悪いかは、接客を受けているお客様の表情を見れば分 かります。さらに、作業速度や作業の出来ばえなども評価します。

© 2020 店長研修