スーパーバイザーの役割・スーパーバイザーの仕事1

スーパーバイザーの心構え

1.店舗と本部の架け橋となる

スーパーバイザーの役割は、ひとことで言えば、店舗と本部の架け橋で す。店舗に片寄りすぎてもいけないし、本部に片寄り過ぎてもいけませ ん。両者の間での、バランス感覚が最も重要です。具体的に言えば、本 部の指示を店に徹底し、店の意見や現状を本部に集約することが、ス ーパーバイザーの仕事です。

2.マニュアルを遵守して店舗を指導する

チェーン店で重要なことは、消費者がどの店に行っても同一レベルのサ ービスを受けられることです。だからこそ、安心して来店してくれるので す。そのためのキーワードが標準化です。そして、標準化を推進するた めに、統一基準として作成されたものがマニュアルです。スーパーバイ ザーは、企業で作成したマニュアルやチェックリストを遵守して、店舗の 指導に当たる必要があります。

3.科学的なデータを根拠に指導する

スーパーバイザーは、通常、7~8店の担当店を巡回していますから、 365日、同じ店にいる店長とは異なる役割を担っているのです。それ は、店長よりも幅広い情報を持ち、客観的に店舗を見るという立場で す。市場動向、企業全体のデータ、エリアのデータなどを適宜分析し て、店長とは異なる視点からアドバイスして、店長を動かし、店舗を改 善していくことが重要です。

4.感情も交えて店長を説得する

スーパーバイザーは科学的なデータを重視することは不可欠ですが、 人と人が交渉してビジネスをしているのですから、それだけでは店長を 動かすことはできません。店長の言い分を十分に聴いた上で、店長の 意見や考えも取り入れながら、本質では本部の決めたことをしっかりと 実現していかなければなりません。人を動かすためには、理論だけでな く、感情面も重視する必要があります。

5.仮説ー実践ー検証のサイクルを回す

データを分析して、問題点を抽出し、改善策の仮説を立てて、改善を実 践します。そして、結果を検証して、またその中から新たな問題点を抽 出するという、(データ分析)-仮説ー実践ー検証のサイクルを継続して 回すことが大切です。自らの仕事においてはもちろん、店長やスタッフ にも、このサイクルを理解させ、実施できるように指導することが、スー パーバイザーの重要な役割です。

© 2020 店長研修