バイヤーの役割・バイヤーの仕事1

バイヤーの心構え

1.バイヤーの仕事は消費者の購買代行

バイヤーの仕事をひとことで言うと、消費者の購買代行です。消費者 が、自分で生産地まで行って商品を購入してくるのは困難ですから、 その代わりに商品を選んで購買してくるというのが、バイヤーの仕事で す。もちろん、現状の商品に不満であれば、消費者のために新たな商 品を自らの責任で開発するのも、バイヤーの仕事です。

2.バイヤーは売場づくりまで責任を持つ

バイヤーの仕事は、商品を仕入れて、店に送り届ければ終わるわけで はありません。最終的に消費者が購買して、満足いただくまでが、バイ ヤーの仕事です。実際には、店に仕入れた商品のコンセプトや意図を 正確に伝えて、商品の価値が売場で消費者に正しく理解してもらうま で、きちんと責任を持ちます。

3.バイヤーは販売数量と粗利益を重視する

バイヤーが最も重視しなければならない数値は、販売数量と粗利益で す。バイヤーの中には、粗利益率の高い商品、言い換えれば原価率の低い商品ばかりを買い漁っている人がいますが、明らかにこれは間違いです。なぜならば、いくら粗利益率が高くても、数多く売れなければ、 意味がありません。チェーンストアでは、数多く売れて、粗利益額を稼げる商品を売場に並べることが基本です。

4.商品のコストパフォーマンスを見極める

バイヤーに必要な能力の中で、最も重要なものは、商品のコストパフォ ーマンスを見極める能力です。具体的に言えば、目の前にある商品 は、価格をいくらにすると、自店でいくつ売れるかを予測する能力です。 どんなに良質な商品でも、消費者が購買をためらうような価格では、売 上数量は伸びません。常に良いものを安く提供する、これは時代を超え たバイヤーの使命です。

5.ベンダーとの共存共栄を目指す

商品のコストパフォーマンスを高めるためには、原料調達から販売まで のすべてのコストを対象に、ムダを徹底的に排除することです。ただ単 に机上の交渉で、ベンダーを値切るのではなく、ベンダーと協力して、 メーカーの内部まで踏み込んで、すべてのムダを排除する姿勢が大切 です。そのためには、バイヤーは1つのカテゴリーを長く担当して、勉強 に励まなければなりません。

© 2020 店長研修