バイヤーの役割・バイヤーの仕事2

市場動向の把握

1.バイヤーは外に出て情報収集をする

今までに出会ったすべてのチェーンストアの経営者のほぼ全員が 口を揃えて、「バイヤーは部屋にこもっていないで、外に出て 欲しい」と語っています。バイヤーの命は鮮度の高い情報収集 ですから、これも当然のことです。自店を見る、競合店を見る、 街を見る、ベンダーの倉庫を見る、とにかく活動的なバイヤー になることが、成長の第一歩です。

2.マーケット拡大分野を把握する

鮮度の高い情報とは、何でしょうか。いちばん大切なことは、 消費者がいま何を求めているのか、それによってマーケットが 拡大している分野は何なのかを把握することです。これは複数 の情報を組合わせることで、見えてきます。インターネットや マスコミ情報もヒントにはなりますが、必ず自分の足を使って 一次情報を確認するということを習慣づける必要があります。

3.マーケットサイズを確認する

マーケットが拡大している分野は非常に魅力がありますが、次 に見極めなければならないのは、そのマーケットはどれくらい のマーケットサイズがあるのかということです。現状のマーケ ットサイズから将来的なマーケットサイズを予測しなければなりません。マーケットサイズと競合状況から、一定のシェアを 確保できる可能性の高い分野に取り組むことが必要です。

4.ベンダーから情報収集をする

日常的な取り扱い商品に関しては、ベンダーからの情報収集が 基本となります。ベンダーからは商品情報だけでなく、その商 品が属すカテゴリー全体の情報など、できるだけ幅広い情報を 集めるようにします。この場合でも、ベンダーの話しを鵜呑み にすることなく、必ず自分の足で集めた情報と突き合わせてみ て、自分の体系の中に位置づけて考えるようにします。

5.自店と競合店を見て現場の動きを把握する

バイヤーが行わなければならない情報収集の中でも、自店の店 頭の観察と、競合店調査は極めて重要です。自分の仕入れた商 品が実際に売れているのか、競合店ではどんな商品が売れてい るのかを分析することにより、次の仕入れに役立てる情報が得ら れるからです。バイヤーには1つでも多くの情報を集めて、それ を自分なりに体系化できる能力が不可欠です。

☆バイヤー研修に関するお問合わせは、下記にお願い

© 2020 店長研修