店長の役割・店長の仕事3

日常業務の遂行

1.開店作業をする

店舗の仕事は、開店作業から始まります。店長は店舗内外に異変がな いかをチェックすると共に、お客様をお迎えする心の準備をするように、 スタッフ全員の動きを見て、全員の気持ちを引き締めるようにします。 駐車場や店舗外観のチェックから始めて、レジ準備など、マニュアルに したがって、余裕を持って作業を終えます。

2.朝礼をする

店長はスタッフと良好なコミュニケーションを取らなければなりません が、朝礼はコミュニケーションの大切な第一歩となります。朝礼にはい ろいろな目的がありますが、最も大切な目的はスタッフ全員の意識を高 めることです。できるだけ、スタッフにもテーマを与えて、それについて 発表させる時間を取ります。マンネリに陥らずに緊張感を保てる朝礼に なるように、参画型の朝礼が望ましいのです。

3.作業指示をする

毎日の膨大な業務の中から優先順位を決めて、時間帯別にどんな作 業をしてもらいたいのかを明確にして、作業指示をします。作業計画の 作成と作業指示は、店長にとって最も主要な業務です。1つずつの作業 が終了するごとに報告させて、ムリ、ムダ、ムラがないように部下を効 率的に動かすことが必要です。

4.検品・検収をする

納品時の検品・検収は極めて重要な作業です。なぜならば、正確な検 品・検収を行っておかないと、発注にも影響を及ぼし、欠品や過剰在庫 の原因となるからです。基本通りに、納品書、発注書、商品の3つを照 合して、正確な作業を実施します。店長はスタッフに、検品・検収の重要 性を理解させることが大切です。

5.閉店作業をする

残業の削減は、人件費コントロールの重要なポイントです。無駄な残業 をしなくても済むように、開店時間内から、売場の整理・整頓などを始め ておくように指示します。ただし、店内にはまだお客様がいらっしゃるの で、作業を優先にして、お客様に失礼にならないように十分注意する必 要があります。

© 2020 店長研修