店長の役割・店長の仕事1

店長の心構え

1.経営理念を実現する

店長の最大の役割は、経営理念を店舗という企業の最前線の場所で、 実現することです。経営者がどんなに一生懸命に経営理念を掲げて も、最前線の現場で顧客に対する活動として実行できなければ、何も意 味がありません。店長が判断に迷ったときは、常に経営理念に照らし合 わせて、意思決定をすることが何よりも重要です。

2.計画で決めた利益を確保する

どんなに素晴らしい企業でも、赤字が続いて消滅してしまったら顧客に 対して役立つ店とはなりません。したがって、企業が継続して繁栄する ための適正利益を確保することは、店長にとっても重要な使命です。顧 客だけでなく、取引先や株主へ、そしてすべての従業員の給与も、あなたの店で得た利益から支払っているのです。店長は適正な利益を確保 する責任を負っています。

3.顧客満足度を最大にする

「店はお客のためにある」これは当社も執筆している「販売革新」の出版社である商業界の理念です。チェーンストアのあるべき姿をこれほど明 確に示した言葉はありません。店長は適正利益を確保する責任を負っ ていますが、それは顧客満足度を最大にすることを前提にして、実現しなければなりません。

4.人材育成に努める

チェーンシステムとは、急速出店をするための仕組です。なぜ急速出店 が必要かというと、1人でも多くの顧客に役立つためです。そして、同時 に企業規模の拡大により、経営基盤を安定させるためです。急速出店 するためには、人材を早期育成することが不可欠です。したがって、 チェーンストアの店長は、常に次の店長を育成するという心構えを持っ て、日常の部下指導にあたらなければなりません。

5.コンプライアンスを守る

企業は法律上は、法人として位置づけられています。名称の通り、人と 同じように、社会の一員としての役割を果たすことが求められていま す。店長は、企業活動が法律に違反しないように注意することは当然 の義務です。そして、それだけではなく、積極的に地域コミュニティーに 参加して、社会に役立つような活動を実践していくことが大切です。

© 2020 店長研修