店長の役割・店長の仕事8

部下の教育・訓練

1.マニュアルを遵守する

企業としてマニュアルが整備されている場合は、店長が実施する教育・ 訓練は、すべてマニュアルを遵守して行うことが基本です。マニュアル が整備されていない場合は、スーパーバイザーと相談して、簡単なルール 集を作成します。これは特に守ってもらいたい重要事項のみを箇 条書きで書いた程度のもので十分です。教える内容がぶれないため に、必ず基本ルールが必要だからです。

2.部下の強み・弱みを把握する

部下には、一人ひとり個性があります。それと同時に仕事のレベルも、 それぞれ異なります。例えば、ある人は陳列・演出の技術が優れていま すが、接客はあまり得意ではないとか、またその逆だとかです。強みを さらに伸ばして、弱みを補強することが教育・訓練の目的ですが、いず れにしても事前に、店舗スタッフ個々の強みと弱みを正確に把握してお くことが必要です。

3.教育・訓練プログラムを作成する

店舗スタッフ個々の強み・弱みを把握したら、教育・訓練プログラムを作 成します。言葉は仰々しいですが、それほど大げさなものではなく、誰を いつまでに、どのレベルに育成するのかを、簡単に整理したものです。 全員に共通の課題があれば、その課題を優先的に取り上げます。ま た、特にレベルの低いスタッフがいる場合には、その人の底上げを図る ことを優先します。

4.教育・訓練を実施する

店長が実施する教育・訓練はOJTと呼ばれる、日常の業務の中で教え ることが基本です。教育・訓練プログラムを念頭に置いておき、何か気 がついた点があったら、すぐにアドバイスするようにします。また必要に 応じて、ミーティングなどの時間に、簡単な訓練を導入すると、さらに効 果的です。お客様と店員に分かれて、テーマを決めて、ロールプレイン グを実施するのが、良いと思います。

5.チューター制度を導入する

店舗の規模にもよりますが、店長が一人ですべての店舗スタッフを教 育・訓練するのは、無理な場合があります。このようなときに導入したい のが、チューター制度です。この言葉は聞き慣れないかもしれません が、簡単にいえば、特定のスタッフに対して、専任の指導員を付けると いう制度です。新人に先輩を付ける、苦手分野がある人に得意な人を付けるなど、臨機応変に活用します。

© 2020 店長研修