代表者紹介

代表者プロフィール

株式会社アクティブ・コンサルティング
代表取締役社長 岡村憲之

OKAMURA NORIYUKI

同志社大学経済学部卒業。百貨店、コンサルティングファームを経て、 株式会社アクティブ・コンサルティングを設立。同社代表取締役。 特に流通業界において、幅広い分野で経営戦略・販売戦略などに関する経営コンサルティングを展開。

経営戦略、チェーンオペレーションに精通しており、チェーンストア経営におけるトップクラスのコンサルタントとして高い評価を受けている。

東証プライム上場企業を始めとしたチェーンストアに対する経営戦略プロ ジェクト、業務改革プロジェクト、店舗活性化プロジェクト、店長研修、 スーパーバイザー研修、バイヤー研修、役員研修などに数多くの実績がある。

マーケティングスペシャリストとして、メーカー、卸会社に対する営業戦略の策定、リテールサポート関連の社員研修を数多く実施している。海外視察の経験も豊富である。流通専門誌の販売革新を始めとして、 ドラッグマガジン、IT&家電ビジネス、ダイヤモンドチェーンストア、電波新聞、繊研新聞などの専門誌や業界紙に執筆多数。

代表者のご挨拶

皆様こんにちは。アクティブ・コンサルティング代表取締役の岡村憲之です。 アメリカのチェーンストアを代表する企業の1つであるウォルグリーンは、標準化を徹底しているので、アメリカではクッキーカッター、日本語に訳すと、金太郎飴と言われています。

すなわち、どの店舗、どの作業を取り出しても、標準化が完成されているという意味です。そのウォルグリーンにおいてさえ、店長の能力の差によって、売上や利益に大きな格差が生じているとのことです。

チェーンストアでは、専門化(specialization)、単純化(simpliification)、 標準化(standardization)が、3主義といって重視されています。3主義はとても重要ですが、どんなに専門化、単純化、標準化を進めても、ビジネスは人と人が交渉するものである限り、人の要素を軽視することはできないのです。

実際に、コンサルタントという仕事をしていると、まったく同じ店舗であるにもかかわらず、店長を交代させると、業績が大きくアップするということを数多く体験しています。また同じ店長でも、知識を学び、意欲が高まると、業績が大幅にアップすることも分かっています。

過去の体験では、チェーン店の中で最下位の店が、店長がやる気になったことにより、最上位に躍り出たということもあります。

顧客満足の前に従業員満足が大切だという考え方があります。すべての消費者を幸せにする使命を持ったチェーンストアで働く従業員が仕事にやりがいを持ち、持てる能力をフルに発揮できなければ、消費者に良い商品やサービスを提供できるはずがありません。その意味で、経営者は人材育成に重点を置いた経営をしなければなりません。

アクティブ・コンサルティングは、チェーン運営の要となる店長研修、 スーパーバイザー研修、バイヤー研修を数多く実施しており、豊富な実績をあげています。その体験の積み重ねの中で、常に研修カリキュ ラムを見直し、精度を高める努力をしております。

あなたの企業でも必ずお役に立てると信じております。チェーンストアの人材育成をお考えでしたら、ぜひ弊社にお声かけ下さい。全力をあげてお手伝いをさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

樹木イメージ
会社情報

アクティブ・コンサルティングは、店長研修、スーパーバイザー研修、 バイヤー研修、役員研修などに、豊富な実績を持つコンサルタント会社です。チェーンストアの人材育成のことなら、何でもお気軽にご相談下さい。 ...

続きを見る