店長の仕事・店長の役割1|店長の心構え

店長の仕事・店長の役割1

店長の仕事とは、店長の役割とは、店長の責任とは、いったいどのようなものなのでしょうか?アクティブ・コンサルティングの豊富な店長研修の実績を踏まえて、誰でもわかるようにできる限り完結にご説明したいと思います。

店長

店長の心構え

1.経営理念を実現する

店長の最大の役割は、経営理念を店舗という企業の最前線の場所で、 実現することです。経営者がどんなに一生懸命に経営理念を掲げても、最前線の現場で顧客に対する活動として実行できなければ、何も意味がありません。店長が判断に迷ったときは、常に経営理念に照らし合わせて、意思決定をすることが何よりも重要です。

2.計画で決めた利益を確保する

どんなに素晴らしい企業でも、赤字が続いて消滅してしまったら顧客に対して役立つ店とはなりません。したがって、企業が継続して繁栄するための適正利益を確保することは、店長にとっても重要な使命です。顧客だけでなく、取引先や株主へ、そしてすべての従業員の給与も、あなたの店で得た利益から支払っているのです。店長は適正な利益を確保する責任を負っています。

3.顧客満足度を最大にする

「店はお客のためにある」これは当社も執筆している「販売革新」の出版社である商業界の理念です。チェーンストアのあるべき姿をこれほど明確に示した言葉はありません。店長は適正利益を確保する責任を負っ ていますが、それは顧客満足度を最大にすることを前提にして、実現しなければなりません。

4.人材育成に努める

チェーンシステムとは、急速出店をするための仕組です。なぜ急速出店が必要かというと、1人でも多くの顧客に役立つためです。そして、同時に企業規模の拡大により、経営基盤を安定させるためです。急速出店するためには、人材を早期育成することが不可欠です。したがって、 チェーンストアの店長は、常に次の店長を育成するという心構えを持って、日常の部下指導にあたらなければなりません。

5.コンプライアンスを守る

企業は法律上は、法人として位置づけられています。名称の通り、人と同じように、社会の一員としての役割を果たすことが求められています。店長は、企業活動が法律に違反しないように注意することは当然の義務です。そして、それだけではなく、積極的に地域コミュニティーに参加して、社会に役立つような活動を実践していくことが大切です。

ポイント

☆店長の仕事・店長の役割2「損益計画の作成」もご覧ください。
店長
店長の仕事・店長の役割2|損益計画の作成

店長の仕事・店長の役割2 店長の仕事・店長の役割の中から、損益計画の作成についてご説明します。アクティブ・コンサルティングの豊富な店長研修の実績を踏まえて、誰でもわかるようにできる限り完結にご説明した ...

続きを見る

店長研修のことなら、アクティブ・コンサルティングにご相談下さい!専門の講師が貴社にお伺いして実施します。オンラインでの実施も可能です。

アクティブ・コンサルティングの店長研修は、店長の基礎から応用まで、わかりやすくお教えします。ぜひ貴社にて、当社講師による店長研修の開催をご検討下さい。

店長の仕事・店長の役割
店長の仕事・店長の役割

店長の仕事・店長の役割 店長研修を実施する場合に、店長の基本的な仕事・役割について、あらかじめ基礎知識を学んでおくと効率的です。アクティブ・コンサルティングが考える店長の仕事・役割のうち、主要11タイ ...

続きを見る