女性店長研修1

女性店長

女性店長へのアドバイス3

女性店長の接客

女性店長は販売スタッフに接客の見本を示さなければなりません。数字に追われ、時間に追われていると、つい行動ががさつになって、接客も雑になりがちです。効率よく販売することは大事ですが、接客をおろそかにして顧客離れがおきたら逆効果です。原点に戻って、女性ならではのきめ細かさや優しさが、接客にも生かせるように心がけましょう。

1.女性店長らしく立ち振る舞いを美しく

女性なら誰でも美しくなれます。顔や形は、一人ひとり違うのですから、そ れは個性です。それなら、どのようにして美しくなるのか、それは立ち 振る舞いです。まず背筋を伸ばして、美しく立つことから始めます。そし て、歩き方、お辞儀の仕方など、1つ1つマスターしていきます。女性店長は、立ち振る舞いの美しさで、女性スタッフの見本になるように頑張ります。

2.女性店長はおもてなしの心で接客する

最近、おもてなしという言葉が流行になっていますが、相手のことを思いやるおもてなしの精神は、女性ならではの強みです。接客の一挙手 一投足に、お客様に喜んでいただきたいという気持ちを込めることが大切です。例えば、お年寄りとお話するときは心もちゆっくり話したり、お子様とお話するときは、しゃがんで目線を合わせたりなどです。

3.女性店長は正しい言葉づかいを心がける

店頭接客の中で、「Mサイズでよろしかったでしょうか」などという「よろしかったでしょうか」という言葉は、本人は丁寧に話しているつもりですが、違和感があります。「よろしかった」という過去形を使うのではなく、「よろしいでしょうか」が正しい言い方です。言葉は時代と共に変化しますが、接客では誰が聞いても違和感のない正しい言葉づかいをすることが大切です。

4.女性店長は積極的にお客様を誉めます

接客しているときに、商品の良さばかりを誉めて、お客様を誉めない販売スタッフがいます。女性店長は、この問題点にすぐに気づかなければ なりません。商品を誉めるのではなく、商品を使ったお客様を誉めるのです。例えば、「この紺のブラウスきれいな色でしょう」ではなく、「この紺のブラウスをお召しになると、お客様の肌がきれいに見えますよ」です。

5.女性店長は白々しいお世辞は言わない

女性客は自分でも似合わないなと思っているときに、「お似合いですよ」 などと白々しいお世辞を言われると不愉快に感じます。女性店長はそ んなお客様の気持を理解できますから、スタッフに白々しいお世辞を言 わないように注意します。本当に似合っているときは誉めて、あまり似合っていないときは、さりげなく別の商品をすすめるように心掛けます。

-女性店長

© 2020 店長研修