女性店長2

女性店長

女性店長へのアドバイス4

女性店長の人材育成

最近は、実力主義の世の中になって、年齢と地位が逆転する現象もよく見られます。有能な女性が若くして店長になると、年上の女性や男性社員を部下に持つこともあるでしょう。あまり片意地を貼って上から目線で接するよりも、女性の特性を生かして上手にコミュニケーションを取るほうが、チームワークがよくなり、実績があがることが多いと思います。

1.女性店長は年下女性には自信を与える

まだ20代の女性店長から、「最近の若い娘は」という言葉を聞くことが よくあります。自分より年下のスタッフに腹を立てるという気持ちは、時代が変わっても繰り返すですね。年下女性スタッフは何かと女性店長に反発することが多いと思います。そんなときは権限委譲をして、上手くでき たら誉めて自信を持たせます。成長する姿を楽しみにしましょう。

2.女性店長は年上女性には敬意を払う

自分より年上女性の部下を持っている女性店長も多いかと思います。特にパートなどは年上の女性のほうが多いかと思います。 年上女性スタッフに対して、店長だからと上から目線で話すのは厳禁です。年齢に敬意を払って接するようにします。ただし、言葉遣いは丁重でも、ダ メなことはダメとはっきり言うようにします。仕事以外の話題、例えば料理法などを教えてもらったりして、仲良くなることも大切です。

3.女性店長は男性スタッフを立てながら使う

女性店長は、年下男性のスタッフを持つことがあります。ここで忘れては ならないことは、男性は年下であっても、女性より下だとは思わな い男性もいるということです。したがって、年下男性スタッフと接するときは、「頼りにしている」ということを口に出して言うことです。年下でも年上でも男性 に対しては、相手を少しだけ立てながら使うほうが上手くいく場合が多いです。

4.女性店長はスタッフのタイプ別に育成する

販売スタッフには、わがままな人、おとなしい人、くったくない人、しっかり した人など、色々なタイプの人がいます。女性店長は、女性ならではの観察眼で個々のタイプを 見抜いて、相手に合わせてスタッフ育成をします。例えば、おとなしい人 には挑戦する機会を与える、くったくない人には細かく指示を確認するなどです。人には個性がありますから、十把一絡げにしてはいけません。

5.女性店長は次の店長を育成します

女性店長、男性店長に限らないのですが、店長の大きな役割の1つが、 次の店長を育成することです。女性店長は、特にNO2との協調性に注 意して、NO2を次の店長に育成します。NO2を何でも自分と同じ思考 にするのではなく、個性を引き出すことが大切です。どんどん仕事を任 せて、進め方や結果について話し合うようにします。

-女性店長

© 2020 店長研修