売上アップ2

売上アップ

専門店チェーン店長の売上アップ14

色と心理の関係を活用

1.テーマに適した色を使う

ディスプレイのテーマに合わせて、主要カラーを選択することが大切で す。例えば、豪華に見せるためには、ゴールドとブラックの組合せを主 要カラーにする。ナチュラルに見せるためには、茶色と緑のグラデー ションを使う、可愛く見せるためには、パステルカラーを使うなどです。 店長およびスタッフは、色と心理の関係を学んでおく必要があります。

2.赤色の持つ心理的な特徴

赤は遠くからも目立つ色であり、強調するときに最も使われる色です。 暖色であるために、明るい、元気、活発、暖かいなどのイメージを与え ます。ただし、赤は強い色であるゆえに、あまり赤の面積を広くしてしま うと、イライラしたり不快なイメージを与えることがあるので、その点には 十分に注意します。

3.黄色の持つ心理的な特徴

黄色も赤と同じく目立つ色であり、暖色です。黄色には、元気、期待、喜 びなどのイメージを与えます。赤と並んで、強調するときによく用いられ ます。ただし、黄色も強い色なので、あまり多く使い過ぎると、安っぽい イメージを与えたり、目がチカチカして不快なイメージを与えることもあ るので、使い方に注意しなければなりません。

4.青色の持つ心理的な特徴

青は、赤や黄色が前に出る色であるのと対照的に、遠くにあるように感 じる色です。それゆえ、クール、上品、誠実、シンプルなどのイメージを 与えます。また、青は寒色なので、寒いとか、涼しいという印象になりま す。青は男性的な色なので、ソフトで女性的なイメージを作り出したいと きには、使わないようにします。

5.緑色の持つ心理的な特徴

緑は、木や森などの自然をイメージさせることもあり、安らぎや安全を感 じさせる色です。緑からは刺激を感じないので、落ち着いたイメージを 演出させるときに使うと効果的です。ただし、緑はどっちつかずで、強い 主張をする色ではないので、目立たせたい部分に使うと、強調の効果 が得られず、不向きな点に注意する必要があります。

-売上アップ

© 2020 店長研修