売上アップ2

売上アップ

専門店チェーン店長の売上アップ20

スタッフの好きな店

1.スタッフが大好きな店にする

売れていない店の中には、スタッフさえも自分の店で買わずに、隠れ て、競合店に買いに行っているという店があります。これでは、いつまで たっても、売れる店に変わることはできないでしょう。売れる店をつくる秘訣をひとことで言うと、スタッフが大好きな店にすることです。そうすれ ば、自ずとお客様も店が大好きになってくれます。

2.スタッフにやりがいを持たせる

スタッフが大好きな店にするための第一歩は、スタッフにやりがいを持たせることです。例えば、商品区分ごとに責任者を決めて、その商品をど のように陳列して、どのように販売していくかを考えさせるのです。ある 程度の権限を持たせることが大切です。自分で仕掛けて、成果が出れば、その商品が好きになることは間違いありません。

3.ローテーションで担当を交代する

商品ごとに責任者を決める制度で、独善的にならないためには、定期的にローテーションを組んで、担当を交代するとよいでしょう。また、店内のミーティングを開いて、お互いの考えを発表し合うなどのチェックの場 も必要です。そうすることにより、特定の商品区分だけでなく、全店の商品に関心を持ち、好きになってくれます。

4.スタッフの意見を取り入れる

店長がやるべき重要な仕事は、スタッフの意見をよく聴いて、できることであれば、すぐに取り入れることです。もし、すぐには難しいことでしたら、本部に掛けあって、その結果をスタッフに伝えるようにします。この ような店長の姿勢が、スタッフのやる気を引き出すのです。働きやすい 職場こそ、大好きになる重要な要素です。

5.経営者との風通しをよくする

店長はスタッフに対して、常に経営者の考えをわかりやすく伝えることが 大切です。そのために、店長会議に出席しているのです。経営者の考え が店のスタッフ全員に浸透することによって、日々の動きが活発になってきます。企業規模にもよりますが、できれば、頑張った店のスタッフを経営者が食事会に招くな ど、経営者とスタッフが触れ合う制度があれば、なおよいです。

-売上アップ

© 2020 店長研修