店長研修の内容2

店長研修の内容

店長研修の内容14

店長の売場づくり

1.店長は売れる売場をつくる

店長は売れる売場をつくることが大切です。それでは、売れる売場とは 何でしょうか。ひとことで言えば、お客様が、欲しい商品をすぐに手に取って、購入できる売場です。この目的を満たすために、店長はスタッフと共に、あらゆる角度から自店の売場をチェックして、改善していかなけ ればなりません。

2.店長は部門間のバランスを取る

店長は売場を部門に分けて管理します。そして、お客様にとって部門間の最適バランスを作り出さなければなりません。もちろん、部門間の最適バランスは、店長だけでなく本部やスーパーバイザーと一緒に決めて いく必要があります。ここで重要なことは、最適バランスは時間の経過と共に変化するということです。

3.店長はカテゴリー間のバランスを取る

店長は部門間の最適バランスを作り出した次には、1つの部門の中の カテゴリー間の最適バランスを作り出す必要があります。これも企業に よって、本部と店長の権限の度合がことなると思います。カテゴリーは 部門以上に、変化の度合いが大きいので、カテゴリーの拡大・縮小は、 こまめに行うことが求められます。

4.店長は売れ筋と死に筋を見極める

店長は売れ筋と死に筋を見極めなければなりません。もちろん、店長1 人ですべての商品をチェックするのは不可能ですから、スタッフに分担してもらってチェックします。特に、死に筋商品のフェイス数を縮小した り、カットすることは、とても重要な仕事です。死に筋商品で売場が埋まっていると、売上は下がっていくからです。

5.店長は新製品を素早く導入する

店長は新製品を素早く導入することが大切です。死に筋の縮小・カット はそのためでもあります。新製品は売れる可能性を秘めていますが、 導入のタイミングが遅れると、顧客ニーズが変化してしまいます。商品 分野にもよりますが、店長は商品にも寿命があり、しかもどんどんそれ が短くなっているという事実を知る必要があります。

-店長研修の内容

Copyright© 店長研修 , 2020 All Rights Reserved.