店長研修の内容1

店長研修の内容

店長研修の内容19

店長のロス対策

1.店長は機会ロスを防ぐ

機会ロスとは、お客様が買いたいにもかかわらず、欠品していたり、探せなかったりすることが原因で、販売チャンスを逃すことです。これを防ぐためには、カテゴリーごとに重点商品を決めて、在庫を多めに持つことが基本です。それ以外には、販売動向、天候・気温の変化、催事などをこまめに判断して、発注数量を決めるようにします。

2.店長は廃棄ロスを予算化する

廃棄ロスとは、売れ残りを廃棄することにより発生するロスです。特に、 生鮮品や日配品などでは、必ずといって生じます。もし廃棄ロスを出さ ないようにしようと思えば、発注数量を極限まで絞り込めばよいのです が、そうすると縮小均衡に陥り、機会ロスを増大化することになります。 したがって、店長は廃棄ロスを予算化することが必要です。

3.廃棄ロスの予算計画の立て方

店長が実際に廃棄ロスを予算化するには、どのような手順を踏んだらよいのでしょうか。まず、自店の廃棄ロス率を決めます。例えば、売上高に 対して3%と設定すると、廃棄ロスの金額予算が決まります。次にその金額をカテゴリーに割り振ります。もちろん全品ではなく、基本的には、 賞味期限が数日単位の短命商品のみが対象となります。

4.店長は商品改廃ロス計画も立てる

廃棄ロスが発生するのは、賞味期限が短命な商品だけですが、もちろんそれ以外の商品にも鮮度があります。例えば、スナック菓子、加工食品、日用雑貨など、ほぼすべての商品です。これらの商品は賞味期限は残っていても、死に筋となって、売場から撤去される場合があります。 これらも廃棄ロスですが、特に商品改廃ロスとして予算化します。

5.店長は値引きロスを予算化する

店長は廃棄になる一歩手前で売り切ることが大切です。このときに採用 される手法が値引販売です。例えば、弁当が夕方を過ぎると半額になる などです。このように賞味期限の短いものだけが、値引販売の対象とな るだけではありません。アパレルなどは季節の進行と共に、段階的に値 引販売を展開していきます。あらかじめ予算化しておくことが大切です。

-店長研修の内容

© 2020 店長研修