店長研修の内容2

店長研修の内容

店長研修の内容4

店長のほめ方・叱り方

1.店長のほめ方

1.店長のほめ方

店長は、ほめ方を工夫して、ほめ上手にならなければなりません。ほめるためには、スタッフのよい所を探す必要があります。スタッフが自分でも気が付かなかったような長所を探してほめると特に効果があります。 そして、ほめるにはタイミングが重要です。よいと思ったら、すぐにほめます。これがほめ方のコツです。

2.店長の叱り方

店長は叱り方も工夫して、叱り上手にならなければなりません。叱り方のコツは、最初から最後まで叱らずに、最初はよい所をほめて、その後に悪い点を叱り、最後は励ましで終わることです。また、女性スタッフを叱るときに、注意すべき点は、全員の前で叱らないことです。プライドを傷つけると、やる気がなくなるだけでなく、恨まれる恐れもあります。

3.店長は動機を確かめる

店長はスタッフを叱る前に、確認しなければならないことがあります。それは、スタッフがどんな動機でやったことかです。もし動機が正しくて、 やり方を間違ったのであれば、叱らずに、動機をほめて、やり方を教え ればよいのです。もし動機が間違っていたならば、叱って、動機そのものを正す必要があります。 いずれにしても、何も聞かずに頭ごなしに叱るのは最悪です。

4.店長はオフ会を上手に活用する

店長は叱ることも仕事のうちですが、大体、叱られるスタッフは決まって くるので、あまりいつも叱ってばかりいると、やはりモチベーションが下が ります。それを防ぐためには、オフ会を活用するとよいです。たまには スタッフと一緒に飲食を共にして、仕事から離れた話題でコミュニケー ションを取るようにします。

5.店長はお客様の声を活用する

店長に叱られるなどして、モチベーションが下がっているスタッフをやる 気にさせる効果的な方法があります。それは、お客様の声をそのままス タッフに伝えるのです。もちろん、お客様からのほめ言葉です。お得意様に、「うちのスタッフどうですか」などと、さりげなく聞いて、ほめ言葉が 出てきたら、それを伝えます。朝礼などで言うと、さらに効果的です。

-店長研修の内容

© 2020 店長研修