店長研修の内容1

店長研修の内容

店長研修の内容5

店長の人材採用

1.店長が有能な人材を採用するには

店長はパート・アルバイトを募集したり、面接して採否を決めたりする機 会が多いと思います。そんなときに、少しでも有能な人材を確保しなけ ればなりません。それでは、どんな人材を採用したらよいのでしょうか。 ひとことで言えば、責任感とチャレンジ精神を持った人材が理想です。 過去の成功体験や失敗体験を聞く中で、判断するとよいでしょう。

2.面接にはケーススタディを用意する

店長がパート・アルバイトを面接する際には、ケーススタディを用意して おくとよいでしょう。例えば、「お客様が陳列してある商品を落として壊してしまったとき、あなたならどうしますか」などです。このような質問を複数してみて、その答えの中から、常にお客様の立場に立って、物事を考えられる人かどうか判断します。

3.新人には教育プログラムを提示する

店に配属された新人は、正社員でも、パート・アルバイトでも、不安でいっぱいのはずです。その不安の原因は、これから何が起こるかわからないからです。それゆえ、店長は新人に対し、教育プログラムを提示することが必要です。こういう手順で教育して、いつまでにどんな仕事を覚えてもらうかを伝えるだけで、新人の不安は解消されます。

4.店長は新人の希望を誠意を持って聴く

店長は新人の夢や希望を誠意を持って聴くことが大切です。そして、そ の希望や夢と、現実の仕事を結び付けて、仕事に対する動機づけをするのです。例えば、将来バイヤーになりたいのであれば、店で販売をすることでお客様のニーズがわかるので、将来の仕事に役立つということを語るのです。こういう店長のスタッフは、定着率が高くなります。

5.店長は質問を上手に活用する

店長はスタッフを、決して指示命令だけで動かそうとしないことです。人 は一方的に指示命令をされるのを嫌うということを覚えておいて下さい。 しかし、それでもスタッフには、思い通りに動いてもらわなければなりま せん。そこで有効なのが質問です。店長は、「○○したいのだけれど、 何かよい方法はない?」などと質問すればよいのです。

-店長研修の内容

© 2020 店長研修