店長研修の内容1|店長とは

店長研修の内容1

店長研修の内容1は、「店長とは」です。アクティブ・コンサルティングでは、原点に立ち戻るために、繰り返し「店長とはどんな役割を持った職務なのか」ということを教えます。すべては、ここから始まります。

店長

店長とは

1.店長とは何をする人か

店長とは、何をする人でしょうか。店長の主な役割は3つあります。1つは、企業の経営理念を店で実現することです。これは本部の指示を店 で具現化することにつながります。1つは、計画通りの利益を確保することです。利益確保は企業の存続のために不可欠だからです。1つは、 顧客の信頼を得ることです。顧客獲得はシェア拡大につながります。

2.店長は店の顔になる

店長は、店の顔にならなければなりません。そのためには、常にあらゆる機会を捉えて、自分が店長であることをアピールすることです。大型店であれば、店長の顔写真と紹介文を額に入れて飾りましょう。小型店ならばお客様一人ずつに、「店長の○○です」と、挨拶をします。お客様は、店長がどんな人か知ると安心して買い物をするのです。

3.店長は情報に敏感になる

店長は、自店の取扱商品と関連のある分野で、どんなものが流行しているか知らなければなりません。つまり、情報に敏感になることが求めら れているのです。店舗スタッフの誰よりも情報を先取りして仕入れて、 店舗スタッフに教えると共に、お客様にも知らせなければなりません。 情報なくしては、提案販売はできないのです。

4.店長は視野を広げる

店長は視野を広げなければなりません。世界経済や日本経済の動向、 自店の属する業界全体の動向、自分のチェーンの全店の動向などを、常に把握しておくことが大切です。まず、大きな括りでの動きを正確に捉えておかないと、小さな括りの動きの要因を分析できないからです。 店長は、物事を大きく捉えるようにする必要があります。

5.店長はスタッフの意見を吸い上げる

店長は、スタッフの意見を吸い上げるのが仕事です。つまり、自分ひとりで仕事をするのではなくて、スタッフと一緒に、よいチームワークを築い て仕事をすることが大切です。ひとりの力など、たかが知れています。 総力を結集するためには、スタッフの意見を取り入れて、スタッフのモチ ベーションを高めることにより、業績を向上させることが重要です。

ポイント

☆店長研修の内容2「店長のあるべき姿」もご覧下さい。
店長とスタッフ
店長研修の内容2|店長のあるべき姿

店長研修の内容2 店長研修の内容2は、「店長のあるべき姿」です。アクティブ・コンサルティングでは、店長はどのようにあるべきかを様々な観点から考えさせます。特に、店長がスタッフに与える影響を重視して、チ ...

続きを見る

店長研修のことなら、アクティブ・コンサルティングにご相談下さい!専門の講師が貴社にお伺いして実施します。オンラインでの実施も可能です。

アクティブ・コンサルティングの店長研修は、店長の基礎から応用まで、わかりやすくお教えします。ぜひ貴社にて、当社講師による店長研修の開催をご検討下さい。

店長研修
店長研修の内容|店長研修の内容の要点を解説

店長研修の内容 店長研修の内容の一端として、店長が身につけておくべき基礎を店長研修の内容としてまとめました。ただし、ここで解説しているのは、あくまで基礎中の基礎を簡潔化して記載しているものです。 それ ...

続きを見る