店長研修の内容16|店長の陳列方法

店長研修の内容16

店長研修の内容16は、「店長の陳列方法」です。アクティブ・コンサルティングは、陳列の手法や細かい気配りにより、売上は大きく左右されると考えています。研修では、店長に陳列方法の手順や重視すべき点などについて指導します。

店長

1.店長は壁面と中の島の区分けをする

店長は、通常、本部からの指示で売場づくりをするのですが、ただ言われた通りに作成しているだけではだめです。例えば、陳列位置には、大きく分けて、壁面と中の島がありますが、各々の役割分担について知っておく必要があります。1つ1つのカテゴリーを、なぜこれは壁面で、これは中の島なのか、理由を考えてみましょう。

2.店長は陳列位置の変更を本部に言う

店長は、実際に売場という最前線で商品動向を見ていますから、当然のことながら、伸びるカテゴリーと低下するカテゴリーを把握しています。この理由には、いろいろな要素がありますが、もし陳列位置の問題で低下しているカテゴリーがあれば、それをよりよい位置に移すことを検討し ます。店長はなぜ売場変更したいのか、理由を明確にして、本部に具申する義務があります。

3.店長はゴールデンラインを重視する

陳列位置に関して、大きな配置が適正になったら、次にはカテゴリー内の陳列位置について検討します。このときに店長が重視しなければならないのは、ゴールデンラインです。これは、お客様が棚の前に立ったと きに、最も自然に見やすく、手に取りやすい高さのことで、一般に90cm から120cmの高さのことです。

4.店長は制約の中で売れる位置を考える

店長ならゴールデンラインについては基礎知識を持っている人が多いと思いますが、実際には必ずしもよい売場が作れているわけではありません。その理由は、商品には大小があったり、商品の括りがアンバランスだったりして、必ずしもゴールデンラインに売りたい商品を並べること ができないからです。店長はその制約の中で、売れる位置を考える必要があります。

5.店長は基本ルールを教える

店長は陳列の基本ルールをスタッフに教えなければなりません。自らも1つ1つの商品をなぜここに置くのかという理由を考えながら、陳列のルールを整理して、スタッフに教えます。例えば、小さな商品は上で、大きな商品は下というのもルールの1つです。このような当たり前のことでもルール化して、スタッフに教育していくことが大切です。

ポイント

☆店長研修の内容17「店長の演出方法」もご覧ください。
セール案内
店長研修の内容17|店長の演出方法

店長研修の内容17 店長研修の内容17は、「店長の演出方法」です。アクティブ・コンサルティングでは、陳列と演出はセットで取り扱う必要があると考えています。研修では、演出により売場にメリハリをつけてお客 ...

続きを見る

店長研修のことなら、アクティブ・コンサルティングにご相談下さい!専門の講師が貴社にお伺いして実施します。オンラインでの実施も可能です。

アクティブ・コンサルティングの店長研修は、店長の基礎から応用まで、わかりやすくお教えします。ぜひ貴社にて、当社講師による店長研修の開催をご検討下さい。

店長研修
店長研修の内容|店長研修の内容の要点を解説

店長研修の内容 店長研修の内容の一端として、店長が身につけておくべき基礎を店長研修の内容としてまとめました。ただし、ここで解説しているのは、あくまで基礎中の基礎を簡潔化して記載しているものです。 それ ...

続きを見る