店長の売上アップ具体策2|店内の売れる場所

店長の売上アップ具体策2

店長の売上アップ具体策2は、店内の売れる場所の活用です。店長は、自分の店内を完全に把握して、店内のどこが一番よく売れる場所なのかを知り、そこを活かすと共に、売れない場所をできる限り活性化する努力をすることが大切です。

小売店店内

店内の売れる場所

1.売れる場所を把握する

店舗の中には、残念ながら、よく売れる一等地と、あまり売れないデッドスペースがあります。そして、それは物理的に決まっています。したがって、店長およびスタッフは、自分の店の売れる場所と売れない場所を把握しておくことが大切です。そして、場所の特性に応じて、商品を計画的かつ適切に配置するようにします。

2.入口を入ってすぐの場所

最高の一等地は、入口を入ってすぐのテーブル什器の上です。ここでいうテーブル什器とは、まさにテーブルで、壁を背にしておらず、360度、 どの方向からでも見えて、手を伸ばすと楽に触れる陳列ができる什器のことです。お客様が店内に入って、いちばん先に目にする場所であり、 自由に触れる場所ですから、最も売れる場所になります。

3.中央ゴンドラの正面エンド

次は、テーブル什器の後ろに並ぶ中の島のゴンドラの正面にあるエンドです。テーブル什器は低いので、来店客から見て、目線が行きやすい 場所になります。また、後ろには什器がありますが、270度の方向から見ることができるので、目立ち、触りやすい場所です。ここがテーブル什器に次いで、2番目に売れる場所となります。

4.入口すぐ以外のテーブル什器

テーブル什器には、さきほどご説明したように360度から見えて、触れ るという特性があります。これは来店客に目立って、購入を促すのに、とても効果的な特徴です。店の広さにもよりますが、入口すぐ以外にも、 商品分類の区切りごとに設置するとよいです。3番目の売れる場所は、この入口すぐ以外のテーブル什器のある場所ということになります。

5.壁面棚什器の提案スペース

壁壁面にただ整然と商品を並べているだけだと、特に売れる場所にはならないのですが、そこに提案スペースを作って、ディスプレイをほどこす と、来店客の注目を集める場所に変わり、売れる場所となります。ゴー ルデンゾーンと呼ばれる高さ120cm前後が、ディスプレイに最もよい位置です。ここが4番目の売れる場所です。

ポイント

☆店長の売上アップ具体策3「遊びの空間づくり」もご覧ください。
専門店の店舗
店長の売上アップ具体策3|遊びの空間づくり

店長の売上アップ具体策3 店長の売上アップ具体策3は、遊びの空間づくりです。小型店舗の専門店チェーンの店舗では、大型店舗の量販店とは違って、店舗レイアウトをただ単に直線のみで合理的かつ効率的に設計する ...

続きを見る

店長研修のことなら、アクティブ・コンサルティングにご相談下さい!専門の講師が貴社にお伺いして実施します。オンラインでの実施も可能です。

アクティブ・コンサルティングの店長研修は、店長の基礎から応用まで、わかりやすくお教えします。ぜひ貴社にて、当社講師による店長研修の開催をご検討下さい。

売上アップ具体策
店長の売上アップ具体策|専門店チェーン店長へのアドバイス

売上アップ具体策をご紹介します 店長研修に参加する店長に、いちばん知りたいことは何かと聞くと、多くの店長は、売上アップの具体策と答えます。そこで、いちばん聴きたい話である売上アップの具体策に的を絞って ...

続きを見る