店長の売上アップ具体策5|売れる陳列

店長の売上アップ具体策5

店長の売上アップ具体策5は、売れる陳列です。陳列で重要なことは、最初に陳列の種類を覚えることです。つまり、陳列には基本パターンがありますので、まずは基本に忠実に行ってみます。そして、基本を踏まえた上で、自分なりの応用へと進みます。

アパレル

売れる陳列

1.ディスプレイ陳列

シーンメイクすなわち生活のワンシーンを切り取って、それを再現するよ うに、商品を並べることをディスプレイ陳列と呼んでいます。お客様に、商品の価値やコーディネートを理解してもらうために役立ちます。しか し、ディスプレイ陳列だけだと、ギャラリーのようになってしまい、欲しくても買えないという売場になります。

2.前進立体陳列

壁面什器や中の島のゴンドラ什器に、商品を一列にきれいに並べる陳列を、雑貨店などでは前進立体陳列、アパレルショップでは並列陳列などと呼んでいます。定番商品に使われる陳列です。商品の量感を見せることができます。1品目をある程度の数、陳列できるので、お客様から見ると、安心して手に取って買うことができます。

3.投げ込み陳列

カゴやバケツなどを什器として使用して、その中いっぱいに商品を投げ 込んで展示する陳列のことです。英語でジャンブル陳列などとも呼んで います。比較的、小さな商品で、主に特価品などの量感を出して衝動買 いを誘う狙いで使用します。カゴいっぱいにと言いましたが、あくまでも いっぱいに見えればよいので、上げ底も利用します。

4.山積み陳列

ワゴンなどに同じ商品を積上げて、その高さにより量感を感じてもらう陳列のことです。期間限定品など、短期間に集中販売したい商品があるときに活用します。ただし、山積みするとお買い得感が強まるため、安さのみが強調されるので、多用すると店格や店のイメージを損なう恐れがあります。専門店では必要最小限の活用にとどめましょう。

5.柱回り陳列

柱回り陳列とは、その名の通りに柱回りの陳列のことです。柱は売場の邪魔になると考えがちですが、柱の回りに、棚をつけたり、フックを付けたりすれば、什器として使用できます。柱は天井まで高さがありますの で、上部にPOPを付ければよく目立つため、意外に売れる場所になる可能性があります。上手に活用して下さい。

ポイント

☆店長の売上アップ具体策6「売れるPOPづくり」もご覧ください。
POP
店長の売上アップ具体策6|売れるPOPづくり

店長の売上アップ具体策6 店長の売上アップ具体策6は、売れるPOPづくりです。POPは店舗のイメージに大きな影響を与えるとても重要な販促ツールです。店舗コンセプトに合ったPOPを活用することが大切です ...

続きを見る

店長研修のことなら、アクティブ・コンサルティングにご相談下さい!専門の講師が貴社にお伺いして実施します。オンラインでの実施も可能です。

アクティブ・コンサルティングの店長研修は、店長の基礎から応用まで、わかりやすくお教えします。ぜひ貴社にて、当社講師による店長研修の開催をご検討下さい。

売上アップ具体策
店長の売上アップ具体策|専門店チェーン店長へのアドバイス

売上アップ具体策をご紹介します 店長研修に参加する店長に、いちばん知りたいことは何かと聞くと、多くの店長は、売上アップの具体策と答えます。そこで、いちばん聴きたい話である売上アップの具体策に的を絞って ...

続きを見る