店長の売上アップ具体策6|売れるPOPづくり

店長の売上アップ具体策6

店長の売上アップ具体策6は、売れるPOPづくりです。POPは店舗のイメージに大きな影響を与えるとても重要な販促ツールです。店舗コンセプトに合ったPOPを活用することが大切です。失敗するとダメージが大きくなるので要注意です。

POP

売れるPOPづくり

1.推奨商品に絞ってPOPを付ける

POPの役割は、大きく分けると、売場への「誘導POP」、価格を目立たせる「価格POP」、商品の良さを伝える「価値POP」などに分けられま す。POPはすべての商品に付けるのではなく、店が推奨する商品に絞って付けることが大切です。そうすることにより、売場にメリハリが出て、推奨商品が売れるようになります。

2.商品の説明・価値を書く

この商品はどんな商品なのか、商品の材料・産地などを含めて、商品の特徴がわかるように、商品の説明を書きます。そして、商品がどんな点にこだわって作られているのかなど、商品の価値を書きます。POPは、 商品の主要ターゲットとして想定した顧客を念頭に置きながら、顧客に訴求するつもりで書くことが大切です。

3.商品を使用したときのメリットを書く

顧客が、この商品を使用すると、どのようなメリットが得られるのか、どんな体験が待っているのか、どんな感動が体感できるのかなどを想像できるように書きます。商品使用時のメリットが具体的で生き生きと書かれていると、顧客に対する訴求力が強まります。できる限り、短い言葉に凝縮することが大切です。

4.話し言葉を使って書く

POPの表現方法としては、顧客が目の前にいると想定して、その顧客に話しかけるように書くとよいでしょう。「まだ使っていないのですか?」 「一度、試してみてください」、「私も使ってみました」などの表現をすると、顧客と同じ目線に感じてもらえます。かしこまった表現で書くと印象に残らず、通り過ぎてしまいます。

5.重要な点は、色や太文字で強調する

POPでは、最も伝えたい内容が、ひと言で強調されていなければなりません。ここで強調したいとは、パッと見たときに、目に飛び込んでくるという意味です。そのための手法としては、赤色など目立つ色を使う、太文字を使って強調するなどです。注目させたい言葉とそれ以外の言葉 とのメリハリをつけることが大切です。

ポイント

☆店長の売上アップ具体策7「ディスプレイの基本」もご覧ください。
アパレル
店長の売上アップ具体策7|ディスプレイの基本

店長の売上アップ具体策7 店長の売上アップ具体策7は、ディスプレイの基本です。ディスプレイは、実施する人によってかなり差がでます。店長は、通常のディスプレイはスタッフ全員ができるように教育することが大 ...

続きを見る

店長研修のことなら、アクティブ・コンサルティングにご相談下さい!専門の講師が貴社にお伺いして実施します。オンラインでの実施も可能です。

アクティブ・コンサルティングの店長研修は、店長の基礎から応用まで、わかりやすくお教えします。ぜひ貴社にて、当社講師による店長研修の開催をご検討下さい。

売上アップ具体策
店長の売上アップ具体策|専門店チェーン店長へのアドバイス

売上アップ具体策をご紹介します 店長研修に参加する店長に、いちばん知りたいことは何かと聞くと、多くの店長は、売上アップの具体策と答えます。そこで、いちばん聴きたい話である売上アップの具体策に的を絞って ...

続きを見る