店長の売上アップ具体策10|レジ回りの工夫

店長の売上アップ具体策10

店長の売上アップ具体策10は、レジ回りの工夫です。レジは来店客が最後に訪れる場所です。レジ位置は、客動線に大きな影響を与えます。また、プラスワンの購入を促進するためにも、レジ回りに置く商品は大切です。

レジ

レジ回りの工夫

1.レジを隠してイメージを高める

店内の雰囲気を重視する専門店においては、レジがむき出しで置いてあると、店の雰囲気を壊してしまうという場合があります。このようなときには、レジをできるだけ目立たないようにすることが大切です。例えば、お客様から見えないように、レジカバーを付けて、レジを隠すという方法があります。

2.レジ回りのクレンリネスに注意する

レジ回りは、最も多くのお客様が集まるところなので、いちばん目につきやすい場所であるといえます。店側からみると、売場という意識がないので、シフト表や取引先の住所録などがセロテープで貼りつけてあったりする光景を見かけます。お客様から見ると、せっかくよい雰囲気で買い物したのに、レジに来てがっかりします。レジ回りのクレンリネスに要注意です。

3.レジ回りは貴重なスペース

店の入り口から入ったお客様は、探している商品によって、店の様々な場所に行きますが、買い物をする客は、最終的には、全員がレジにやってきます。したがって、レジ前は、多くのお客様が集まる、非常に貴重な場所なのです。このようなレジ回りを有効に活用することによって、売上を上乗せすることが可能です。

4.少額で買える商品に絞る

レジ前までやってきたお客様は、すでに主要な買い物は済んでいる人達ですから、レジ前でさらに高額な商品を購入する確率は低いと思われます。それゆえ、レジ回りに陳列する商品は、少額で買えるものだけに絞ることが有効であると考えます。これぐらいならついでに買っておこうと気軽に買える商品のみを並べておくのです。

5.レジ回りには、店のコンセプトに合ったもの

レジ回りに並べる商品は、少額のものではありますが、何でもよいというわけではありません。自分の店のコンセプトに合致した商品のみを厳選することが大切です。例えば、書店でブックカバー、しおりなどを置く場合、デザインや色が洗練されたものを並べます。レジ回りに並べる商品のセンスが悪いと、最後に店のイメージを大きく損なってしまいます。

ポイント

☆店長の売上アップ具体策11「女性が好む店」もご覧ください。
女性が好む店
店長の売上アップ具体策11|女性が好む店

店長の売上アップ具体策11 店長の売上アップ具体策11は、女性が好む店です。業種・業態にもよりますが、男性向けの商品を取り扱っている店でも、女性が購入するケースも多いかと思います。女性が好む店には、男 ...

続きを見る

店長研修のことなら、アクティブ・コンサルティングにご相談下さい!専門の講師が貴社にお伺いして実施します。オンラインでの実施も可能です。

アクティブ・コンサルティングの店長研修は、店長の基礎から応用まで、わかりやすくお教えします。ぜひ貴社にて、当社講師による店長研修の開催をご検討下さい。

売上アップ具体策
店長の売上アップ具体策|専門店チェーン店長へのアドバイス

売上アップ具体策をご紹介します 店長研修に参加する店長に、いちばん知りたいことは何かと聞くと、多くの店長は、売上アップの具体策と答えます。そこで、いちばん聴きたい話である売上アップの具体策に的を絞って ...

続きを見る