店長の売上アップ具体策16|入口の作り方

店長の売上アップ具体策16

店長の売上アップ具体策16は、入口の作り方です。店舗を訪問したとき、入口周辺に商品が乱雑に置いてあり、入りにくいと感じることがあります。1点でも多く並べて売上につなげたいという気持ちからかもしれませんが、お客様が入りにくかったら元も子もありません。

店舗入り口

入口の作り方

1.入口で店の格式を表現する

名店といわれる店は、入口から店の中に入るまでに儀式があります。例えば、石段を上がるとか、門をくぐるとか、のれんをくぐるとか、敷居をまたぐなどです。これらはいずれも、店に入るまでに期待感を高めたり、心の準備をしたりする時間を用意しているのです。入口には、店の格式が表現されているのです。

2.入口がどこかはっきり示す

敷地から入る店であれば、敷地から店の入り口まで、店のイメージに合致した素材で導入路を作ります。そして、店舗の前に立ったら、入口がどこかはっきりわかるようにします。業態にもよりますが、入口の扉はできるだけ常時オープンにしておき、お客様の少しでも店内に入る抵抗を軽減することが大切です。

3.テントを店のコンセプトに合わせる

ファサード(店の正面)にテントを使用する場合には、店のコンセプトに合わせたテントを使用することが大切です。まず色です。色には、暖かさを感じさせる色、高貴なイメージの色など、それこそ色々ありますから、店のイメージに合った色にします。そして、素材の選び方。同じ色でも、キャンパス地とビニール地では、まったくイメージが異なります。

4.入口は照明を明るくする

人間の心理として、入口が暗いと入りにくいものです。したがって、入口 の照明は明るくすることが大切です。大衆的な店なら蛍光灯で明るく照らせばよいのですが、専門店チェーンでは、電球系の明るいランプで照らす のがよいでしょう。ファサードが浮き立つようにします。また、看板はスポットライトで照らすことが必要です。

5.ファサードのディスプレイは左側に設置する

ファサードにディスプレイを設置する場合には、向かって右側よりも、 左側に設置したほうが、自然で入りやすい印象を受けます。その理由は、人間の視線は左側から始まって、右側へと移る習性があるからです。 間口が広ければ両側にディスプレイをして、真ん中を入口にするのもよいです。

ポイント

☆店長の売上アップ具体策17「パッケージデザイン」もご覧ください。
パッケージ
店長の売上アップ具体策17|パッケージデザイン

店長の売上アップ具体策17は、パッケージデザインです。昨今は買い物袋を持参することが義務付けられて、日常のパッケージの使用頻度は低まりましたが、それでもギフト用の需要など、パッケージの必要性がゼロにな ...

続きを見る

店長研修のことなら、アクティブ・コンサルティングにご相談下さい!専門の講師が貴社にお伺いして実施します。オンラインでの実施も可能です。

アクティブ・コンサルティングの店長研修は、店長の基礎から応用まで、わかりやすくお教えします。ぜひ貴社にて、当社講師による店長研修の開催をご検討下さい。

売上アップ具体策
店長の売上アップ具体策|専門店チェーン店長へのアドバイス

売上アップ具体策をご紹介します 店長研修に参加する店長に、いちばん知りたいことは何かと聞くと、多くの店長は、売上アップの具体策と答えます。そこで、いちばん聴きたい話である売上アップの具体策に的を絞って ...

続きを見る